当院の矯正治療

口を開けて、きれいな笑顔を作ることができますか?
八重歯や出っ歯やガタガタした歯並びなどに悩みつつも、生まれ持ったものだから仕方がないと、諦めてしまってはいませんか?歯並びは、矯正治療で改善することが可能です

口元が美しく整えば、ポジティブな気持ちで人と接することができるようになります。また歯並びの悪さは見た目の印象を左右するだけではありません。口の健康だけでなく全身の健康にも影響します。

きれいな歯並びと、正しく機能的な咬み合わせを手に入れて、心身ともに健康な毎日を手にいれましょう。当院では矯正治療を行う前や治療途中も他の歯科医院に通う事なく、虫歯治療や外科的治療などトータルで治療ができます。

ご自分の歯並びが気になる方、お子様の歯並びを整えたいとお考えの親御さん、いいタイミングで効果的な矯正治療を行うために、早い時期に一度ご相談ください。当院では無料で初診相談を実施しております。

小児矯正

歯並びが悪いことによるデメリット

子供に限らず、いつの時期であったとしても矯正は必ずしなければならない治療ではありません。しかし、歯並びが悪いままだと次のような様々なデメリットがあります。

悪い歯並びはそのまま放置すると歯並びだけに留まらず、顎の骨のゆがみにも発展します。

  • 歯磨きで磨き残しができやすく、虫歯や歯周病になりやすくなります。
  • 噛み合わせが悪いと、食べ物が噛みにくくなります。
  • 歯並びが悪いと、顎の成長にも影響し、上下の顎のバランスが悪くなったり、顔が左右対称でなくなったりします。
  • 悪い歯並びがコンプレックスとなることがあります。

矯正することでこのようなデメリットを改善することができます。

 

小児矯正を開始するのに適した年齢は

お子さまが最小の治療期間と費用で最大の効果をあげるために、いつ、どのような治療を受ければよいかをお話し、治療することができます。早ければ治りますが、顔や顎の成長が終了してからでは治らないような場合があります。

歯を抜かずに治療ができたり、歯を抜く本数を減らすことも可能な場合があります。また、顔や顎の成長をコントロールすることで、本来手術が必要な場合もできるかもしれません。

小児矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 歯並びが悪くなるのを事前に防げます。
  • 顎の成長を促すことで、抜歯の可能性を減らすことができます。
  • 上下のあごのバランスが良くなり、顔立ちが整ってくる虫歯になりにくくなります。
  • コンプレックスを解消することができます。

デメリット

  • 治療期間が長くなることがある
  • 子供の矯正治療は、ほとんどの場合、あごの骨の成長が終わるまで経過を観察する必要があるため、全体的な矯正期間が長くなることが多いです。

  • 家族の協力が必要
  • こどもの矯正に使用する装置は、その多くが取り外しができるタイプです。親御さん、お子さん本人が矯正治療に協力的でない場合には、良い治療結果が出にくくなります。また、矯正装置を付けると、汚れが付きやすく磨きにくくなるため、家庭でのしっかりとした仕上げ磨きが重要となります。

大人の矯正

矯正治療は、子供の頃から始めるものと考えられがちですが、決してそうではありません。歯を支えている組織が健康であれば何歳からでも治療は可能です

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は一番よく行われている矯正方法で、大人の矯正(永久歯に全て生え変わってからの矯正)の一つです。

一つ一つの歯の表側にブラケットと呼ばれる装置をつけ、ブラケットをつなぐようにワイヤーを通し、ワイヤーが引っ張る力で歯並びを整えていきます。歴史と実績があり、オーソドックスで、適用範囲が広いのが特徴です。

メリット

  • 広く用いられている治療方法で、適応できる症例の幅が広い。
  •  

デメリット

  • 装置が目立ってしまう
  • 汚れが付きやすいためにきちんと掃除できていないと虫歯のリスクが大きくなる

矯正治療の流れ

無料相談

1.矯正相談(無料)

初めての来院時には、何かと不安も多いと思います。悩みや気がかりな点をしっかりヒアリングさせていただきます。その上で、簡単な診査を行い、治療が必要か否かを判断。治療方針、治療費などについてご説明します(30分程度)。

無料相談

2.検査(資料採取)

「診査・診断・計画」のために、あごや歯の型、口の中や顔の写真など診察に必要な検査をします。

無料相談

3.分析・診断

検査のデータをもとに分析。診断の上、治療計画を立てます。

無料相談

4.診断結果報告と治療方針

診断の結果と治療方針、治療費などについて詳しくご説明します。治療方針、治療費見積りをお渡しし、ご了解をいただいた後、治療を始めます。

無料相談

5.治療開始

この時期から装置を入れ、歯やあごを矯正していきます。

無料相談

6.保定開始

動かしたあごや歯並びが後戻りしないように保定装置というものを入れて安定させます。

無料相談

7.矯正治療終了・定期健診

あごや歯、咬み合わせが安定すれば治療は終了です。いつまでも美しい笑顔を保つために定期健診をおすすめします。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、歯に固定させるワイヤーやブラケットを使わず、取り外しができて、目立たない透明のマウスピースを使って歯を動かす矯正方法です。

治療期間中も、普段通りに食事や歯のお手入れができ、見た目を気にすることなく治療を受けていただくことが可能です。

マウスピース矯正が向いている人

  • 装置がずっと歯についていることに抵抗がある
  • 仕事柄、装置が見える治療方法は無理
  • 仕事柄、装置が見える治療方法は無理

メリット

  • 透明で目立ちにくい
  • 透明のマウスピースなので治療中も他人に気づかれにくい装置です。治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療方法です。

  • 痛みが少ない
  • ワイヤー矯正では装置が粘膜や舌にあたって痛みを感じることがありますが、マウスピースではそのようなことがありません。また歯の移動中の歯の痛みも軽度です。

  • 取り外して、食事ができる
  • 患者様ご自身でマウスピースを着脱することが出来ますので、治療中も普段通りにお食事ができます。

  • むし歯のリスクが軽減
  • 歯みがきの際に外せるので、普段通りのお口のケアが可能です。

  • 金属アレルギーでも安心
  • マウスピースはプラスチック製なので、金属アレルギーの心配はありません。

デメリット

  • 適応できない症例がある
  • 使用方法を守らないと治らない
  • 1日の規定された装着時間(約20時間以上)が必要です。食事の際には外してください。

  • 治療期間が長くなる場合がある
  • ケースによっては、ワイヤーの矯正装置と比べて治療期間がかかることがあります。

キラキラインビザライン矯正

インビザライン矯正

インビザラインとは?

インビザライン矯正とは、ワイヤーや器具を一切使わずに透明なマウスピースを使用して歯並びを直す新しい歯科矯正治療システムです。

独自の3D治療計画ソフトウェアと歯科医師による総合的な判断の基、定期的にマウスピース型の矯正装置を利用することでより高精度な矯正治療を実現できました。

こんな方にオススメの治療です!

インビザラインのマウスピースは透明なので装着していても目立たず、ほとんど他人に気づかれることはありません。矯正治療中でも、口元を気にせず歯を見せて笑うことができます。とくにインビザライン矯正をおすすめしたいのが、営業職や接客業など人前に出る機会の多い方です

インビザラインの効果·メリットは目立たないことだけではありません。マウスピース型で簡単に取り外せるので、矯正前と同じように食事を楽しむことができ、歯磨きも今までと同じように行うことができます。マウスピースは丸ごと洗浄できるので、いつでも清潔です。また金属を使用しないので、金属アレルギーが心配な方にも安心です。

メリット・デメリット

メリット

  • 見えない·目立たない
  • 金属ワイヤーを歯面に取り付ける典型的なワイヤー矯正装置は、白い歯の上でとても目立ちます。しかしインビザライン(マウスピース矯正)は、透明なマウスピース型の矯正装置なのでほとんど見えません。周囲の人に気づかれずに歯並びを矯正することができます。

  • 取り外し可能
  • インビザラインはマウスピース型なので、かんたんに取り外しができます。食事のときに取り外して好きな物を食べられるのは、他の矯正装置には無い最大のメリットです。

    そして今まで通り歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを使って歯磨きをすることができます。また、インビザラインのマウスピースは流水で汚れを落とし、専用の洗浄剤で殺菌できるので、衛生面も安心です。

  • 痛みや違和感が少ない
  • インビザライン(マウスピース矯正)は10日~2週間の短い期間で次のステップのマウスピースに取り替えていきます。

    3Dシミュレーションで割り出した治療計画により1つのマウスピースで動かす歯の距離を小さく設計しているので、他の矯正治療よりも痛みが少ないのが特徴です。マウスピースの厚みはわずか0.5mm程度と薄く、表面が滑らかなプラスチック製で、装着時の違和感も少なめです。

  • 通院回数が少ない
  • 治療が軌道に乗ると、通院は2ヶ月に1回になります。2~4週間に1回通院する必要がある他の矯正装置に比べ、インビザライン(マウスピース矯正)は通院回数が少なくて済みます。

    遠方にお住まい、または海外出張や留学のため定期的な通院が困難な場合は、それに合わせた治療計画を作成することも可能ですのでお気軽にご相談ください。

  • 信頼度が高い
  • インビザライン(マウスピース矯正)は、米国アライン·テクノロジー社が開発·作製している矯正装置で、これまでに世界中で340万人以上の治療実績があります。

    豊富な臨床データを基に数多くの研究が行われており、より良い矯正治療のために日々進化し続けています。インビザライン(マウスピース矯正)の信頼度の高さは、その実績に表れています。。

デメリット

  • 歯並びによってはできない場合もある
  • インビザライン®は多くのケースに対応できるシステムですが、歯を長い距離平行移動しないといけないようなケースの場合には向いていません。

    そのような場合には、他の方法で行うか、インビザライン®と従来の矯正治療を組み合わせて行うこともあります。

  • 自己管理をしっかりとしなければならない
  • 取り外しができるマウスピースは便利で快適な反面、ご自分でしっかりと管理をする必要があります。

    装着し忘れたり、装着している時間が短いと、思うような効果が現れませんので、注意が必要です。

  • 治療が受けられる歯科医院が限られている
  • インビザライン®は新しい技術を使用した矯正治療法です。そのため、矯正歯科だからと言ってどこの歯科医院でも受けられるわけではありません。

治療の流れ

無初心・カウンセリング

1.初診·カウンセリング

初診では歯並びや噛み合わせについて、どのようなお悩みがあるのか、治療には何を求めるのかなど、患者様が抱える問題やご希望についてお聞きします。

治療内容以外にも、費用や通院回数などのご相談もお受けしております。

精密検査

2.精密検査

問診票への記入や、口腔内写真·レントゲン撮影、歯型の採取などを行います。精密検査では、お口の中の状態はもちろんのこと、顎や頭部全体のデータを採取します。

これらの資料をもとに治療計画や矯正シミュレーションを作成します。

治療計画の説明

3.治療計画の説明

精密検査の結果をもとに治療計画の立案を行い、患者様へご説明いたします。患者様のご希望を伺い、治療方針などを決め、必要があれば計画の修正も行います。

治療方針や計画に対して疑問やご不安がありましたら、どんなに些細なことでも医師にご相談ください。患者様に納得いただけるまで分かりやすくご説明いたします。

治療開始

4.治療開始

インビザライン治療で使用する矯正装置は、工場のあるアメリカで作られます。そのため、治療計画のご説明から治療開始までに、1ヶ月ほどお時間をいただくことがあります。

初回は、マウスピースのお渡しと装置の使い方、使用上の注意などをご説明いたします。1日20時間以上装着し、2週間程度でお渡し済みの次の装置に交換します

経過観察

5.経過観察

経過観察のため、定期的に通院していただきます。来院いただいたら、矯正治療の進捗状態やお口の状態を確認します。口内チェックで問題が見られなければ、次の段階のマウスピースをお渡しします。

患者様により治療期間が異なりますが、歯並びが整って(治療完了)安定するまで(保定完了)、約2~3年かかります

無料相談

6.治療完了·保定期間に移行

治療計画通りに歯並びが整ったと診断されましたら、歯を動かす治療は終了となります。動かした歯は、元々あった場所に戻ろうとするため(後戻り)、矯正後の歯列を維持·安定させる目的でマウスピース型の保定装置(リテーナー)を装着していただきます。

初めは矯正治療同様に1日のほとんどの時間をリテーナーを装着した状態で過ごしていただきますが、徐々に装着時間を減らしていき、歯列が安定したら保定期間も終了となります。